お知らせ

NIKON China(北京)様で、日本式接遇マナー研修をさせていただきました。

NIKON様が北京に新しくショールームを新設されるにあたり、「中国にあっても日本企業なので日本の接遇で接客したい」とご依頼いただきました。

5月末オープンに先立ちNIKON北京本社に伺い、研修最初にしたことは
「心を開いてもらう」ためのコミュニケーションです。

ニコンチャイナ_研修

初対面で、言葉が通じない、国籍が違う、文化が異なる、等あると、誰にでも少なかれ抵抗を感じるものです。
ですが、初対面の緊張がある間にこそ、とるべき行動があります。
「第一印象」をどう見せるか。これはコミュニケーションの中で大きなウエイトを占めます。

皆さんが和んできて、もっと知りたいと思う表情になってから、日本のおもてなしについてお話させていただきました。
いきなり最初から研修を始めても、きっと右から左に抜けていたかもしれません。

ワークでは、立ち方、座り方、お辞儀の仕方、指差し確認、商品の受け渡し、笑顔の作り方など基礎的なことを、こと細かく、出来るまで何度も繰り返し練習しました。
立ち方? と思われるかもしれませんが、立ち方にも表情があります。笑顔においては、好感度を左右し、上記全てがコミュニケーションにつながります。

笑顔の練習

笑顔の練習

ニコンチャイナ_笑顔レッスン3jpg

生徒さんから、「接客でお客様との距離感を教えてほしい」という質問を頂きました。
中国では、お店に入るとすぐに店員さんが寄ってきて、うっとおしいそうです。
中国の方もそうなんだなと、気持ちが通じるものがありました。

ニコンチャイナ本社_全員で
中国人の生徒さんからも学ぶことも多く、また、「先生、日本に遊びにいくよ」とまで仲良くなれ、私にとっても有意義な研修になりました。

あと3回ご依頼を受けています。次回からはビジネスコミュニケーションやセールスなどの研修も行います。

サイトコンテンツ

実績・作品
チームメンバー
会社概要
お問い合わせ

リンク

Copyright y'produce inc. All rights reserved.